手形割引を利用する

手形割引を利用することで

キャッシュフローを円滑に

手形割引とは手形を満期前に換金することを言い、主に商工業で支払いに利用される約束手形を第三へ裏書譲渡し、振り出した日から満期までの利息および手数料を差し引いた金額を先に金融機関(割引人)から受け取ることを言います。既に割り引かれた手形を割引手形(割手)と言います。手形は、建設業者や製造業者などがサプライヤーに対して利用することがあり、また手形割引は、受け取った企業のキャッシュフローを円滑にし、先行してお金を利用できるメリットがあります。

↑PAGE TOP